P1010338

ぼくがメキシコ料理のお店を出す理由。

以前も記事で少し書きましたがもう少し掘り下げてお話してみたいと思います。

そもそもタコスって聞くと…

「あ~あれでしょ?薄いパンに挽き肉とレタスが入ってて、辛いケチャップみたいなソースにかけて、あれでしょ?」

って思ってるはずです。

ですよね??わかります、だって僕も最初はそう思ってましたから…

でも、そういった人にこそ、一度食べてみてもらいたいんです。

ぼくのタコスたちを!!!

なぜならば…

始めてのタコス

ぼくが最初にタコスと出会ったのは、みなさんも同じみのスーパーとかで売ってるやつ。

自宅で簡単に出来るような、箱に入ったパリパリの生地やシーズニングといった、タコスキットみたいなものでした。

ひき肉とレタスを買って、それを挟んでパクっと食べて、とても美味しかったです。

ホームパーティーなどやる時は、タコパーかタコスパーか?みたいにハマっていた時期がありました。

灼熱の地で食べた衝撃の味

ぼくは20代の時に初めてアメリカのL.Aに一人旅をしました。

日本では、ほとんどマックがファーストフードを占めていますが、L.Aに行った時に驚いたのが、向こうはそんなにマックがないんです!

街を車で走っていても、見かけるのは数店舗くらい。

そのかわりに様々なファーストフードのお店があります。

In-N-Out Burger

Jack in the box

Carl’s Jr.

などなど挙げるとキリがありません。

(個人的には、In-N-Out BurgerのDouble Double Cheese Burgerのさらに、Extra Cheeseが大好き)

色々なジャンクフード、いやファーストフードを沢山食べました。

しかし、数ある中でもぼくの心を一番揺さぶったのは、タコスだったんです。

P1010218

タコスのファーストフード店も沢山あるのですが(Taco BellとかBaja Freshとか)、やはり、メキシコ料理店で食べた、あのタコスが衝撃だったんです!!

ぼくもタコスって上にも書いたように思ってました。実際に上が以前のぼくのタコスへのイメージです。。。笑

タコスは勘違いされている

しかし、L.Aで、もちろんメキシコでも、食べたタコス、そもそも挽き肉じゃないんです。

タコス = 挽き肉にレタス

そんなのが「日本の中のタコス」のイメージだと思います。それがそもそも違ったわけです。

恐ろしいことにぼくらは大きな勘違いをしているわけです。

日本人=侍ちょんまげ レベルの話だったわけなんです。

余談ですが、以前アメリカの入国審査で、指を切っててバンドエイドをしてたのですが、指紋を確認?する時に、審査のおっちゃんから、

「どうしたそれ?サムライナイフで切ったのか?ハハハ」とジョークを飛ばされたのを思い出しました。笑

しかし、それは少しオーバーですが、、、

タコスの種類は地域で違う

確かにひき肉とレタスを入れたタコスっていうのも存在します。

でもそれは、メキシコのタコスではなく、アメリカのタコスなんです。

メキシコ料理が国境を越えてテキサスに流れてきたときにアメリカ人がアレンジして作ったものなんです。

それが、今の日本に広く浸透しているわけなんですね!!

そしてそれは、TEX-MEX(テクス-メクス)と呼ばれています。

テキサスとメキシコを足して呼ばれている言葉です。

それはそれでとても美味しいのですが、上にも書いたように、メキシコのタコスはすっごく深いんです。

ただ生地に肉とかをのせてソースをかけて食べるだけなんですが、そんなシンプルな中にもすっごい深みが詰まっているんです。

まず生地に関してですが、日本でよく知られている生地は小麦粉で作ります。

メキシコにも小麦粉の記事のタコスはありますが、多くがとうもろこし粉を使用します。

そして、基本的にパリパリと油で揚げません。(揚げる場合もありますが)

メキシコはとうもろこしが主食になります。

実際にメキシコに言ってみると、スーツをきたサラリーマン達が屋台でタコスを出勤前に食べている光景に出会います。

朝マックのタコス版、朝タコスなんです。

P1010295

上の写真は僕が実際にタコスのファーストフード店でテイクアウトしたタコスですが、今まで想像していたタコスのイメージとちょっと違いませんか?

一般的に日本だと大きくて一つでお腹パンパンになるようなイメージが浸透していると思います。

でもメキシコではこういった形式で気軽に食べられるような形式なので、だからサラリーマンが「朝タコス」をするんです。

あなたもこんなタコスだったら朝から食べられるかも?って思いませんか?

トウモロコシは神秘的?

また、人間はとうもろこしから生まれてきたとまで言われている、とても神秘的?な食べ物なのです。

そして、とうもろこしは地球外植物という説もあったりして…信じるか信じないかは、あなたしだいです~。

となると、さらに追究したくなるわけですが、色々と調べてみると、メキシコで栄えた古代文明までさかのぼることになってしまいます。

オルメカ、マヤ、アステカ文明などなど。とても興味深いです!!!

そうして、ぼくはメキシコ料理にハマってしまったわけなんですが。

しかし、話は長くなってしまうので、、、

日本人 = 米
メキシコ人 = とうもろこし(タコス)

なわけです。

ちなみに、去年、日本食が無形文化遺産になりましたが、メキシコ料理は2010年にすでに登録されています。

ということで、生地にしても、肉の味付けにしても、ソースにしても、ただ挟んで食べるだけなんですが、すべて深いんですよね。

ざっくりだし、話が長くなってすいません。。。

でも、こんな暑苦しい思いをお店に来ていただいたお客様に感じてもらえたら、とても嬉しいです。

2014年1月25日(土)、17時に日野駅から徒歩2、3分の場所にMexicali(メヒカリ)というメキシコ料理&バーの店をオープンいたします。

ぜひ、お店でお待ちしております!!

※1月25日(土)はプレオープンで、料理の提供スタイルなどは通常営業とは違う形式で行います。